menu

内視鏡検査

当クリニックでは、専門医による苦痛の少ない最新の消化器内視鏡(胃内視鏡・大腸内視鏡)検査を行っております。
検査・治療の前には症状に関すること、検査に関することの十分な説明を行い、
検査後も撮影した画像を最新のデジタルビュアーで一緒に見ながら説明させていただきます。
また、ご帰宅後も、ご自宅でゆっくり見て頂けますように主な写真や所見を印刷し、お持ち帰り頂きます。

内視鏡検査は、自覚症状が出にくい癌や、逆流性食道炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、腸炎などの早期発見・早期治療が可能となります。
その他、ヘリコバクターピロリ菌感染の診断、ポリープ切除術なども行います。
(なお、40歳以上の方には1~2年に一度の検査をお勧めしております。)
胃や腸、肝臓、すい臓、胆のうなど、お腹の中のことなら何でもご相談ください。

胃内視鏡検査

経鼻内視鏡検査

当クリニックでは、鼻から細い内視鏡をいれて食道、胃を観察する「経鼻内視鏡検査」を導入しております。

これまでの内視鏡検査は口から行う「経口内視鏡検査」が一般的でしたが、口から内視鏡を入れる場合、内視鏡が舌の根本付近に触れ、咽頭反射(オエッとなり吐き出そうとする反射)が起こりやすくなります。
しかし、鼻から挿入する「経鼻内視鏡検査」の場合、内視鏡が舌の根本に触れないため咽頭反射が起こりにくく、不快感が少なく検査を受けていただくことが可能です。

また、口を塞がれる経口内視鏡検査と違い、経鼻内視鏡検査の場合は医師との会話も可能ですので、
痛みを訴えたり質問をしたりといった、医師と患者様とのコミュニケーションを取りながら、安心して検査を受けていただけます。
症例に応じて鎮静剤を使用し、患者様に負担の少ない検査を行います。


最新の内視鏡を導入

最新の内視鏡を導入しておりますので、最大135倍ズーム拡大や狭帯域光による観察を行うことができます。
狭帯域光観察とは、青と緑の特殊な光を用いて、病変の近くに集まりやすい粘膜内の血管を鮮明に表示することで、
これまでの通常光観察では見えにくかった病変の早期発見や、患者様の身体的な負担の軽減が期待されています。

ピロリ菌の診断・治療

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜に生息している細菌で、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲み続けます。
ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜が直接傷つけられたり、ピロリ菌から胃を守ろうとする免疫反応により、胃の粘膜に炎症が起こります。
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発を繰り返す場合は、ピロリ菌の感染が疑われます。

当クリニックでは、胃内視鏡検査で胃炎の所見がある方は保険診察によるピロリ菌感染診断、除菌治療および除菌判定が行えます。
胃内視鏡検査を行わずピロリ菌感染診断のみを希望される方は自由診療(自費)にて行います。ご希望の場合はご相談ください。


日帰り手術(胃ポリープ)

胃ポリープとは、胃の粘膜上皮にできる隆起した病変(いぼのようなもの)です。
多くの場合痛みなどの自覚症状はなく、大腸ポリープに比べ癌になる確率は極めて低いため、あまり神経質になる必要はありません。
しかし、まれに悪性のものや、良性であっても大きくなると出血したり吐き気や痛みを伴うものがあるため、定期的な検査をお勧めします。
胃内視鏡検査でポリープが見つかった場合、症例に応じて日帰りで済ませられる切除手術を行います。

大腸内視鏡検査

日帰り手術(大腸ポリープ)

大腸ポリープとは、大腸の粘膜上皮にできる隆起した病変(いぼのようなもの)です。
大きく腫瘍性と非腫瘍性に分けられ、腫瘍性の多くは良性(腺腫)です。しかし、良性のものでもある程度以上の大きさになると、がんを含む可能性が高くなります。
大腸がんは早期発見・早期治療ができれば生存率の高い病気ですので、ポリープのうちに切り取ってしまえば問題ありません。

しかし大腸ポリープは自覚症状のない場合が多く、早期発見のために多く行われている便潜血検査(検便)では、出血を伴わない大腸がんの場合に正常と判断されてしまう可能性があるため、信頼性に疑問があります。
大腸内視鏡で検査を行えば、直接カメラで内部を観察できるため、小さいポリープや早期の癌でも見つけやすく、症例によっては発見次第切除できるため、一度の検査で治療を終了することが可能です。
当クリニックでは、必要に応じて鎮痛剤を用い、患者様に負担の少ない検査を行います。
大腸内視鏡検査でポリープや早期大腸がんなどが見つかった場合、症例に応じて日帰りで済ませられる切除手術を行います。

ページ上部へ戻る